人生の贈り物
〜他に望むものはない〜
季節の花がこれほど美しいことに 
歳を取るまで少しも気づかなかった 
美しく老いてゆくことがどれ程に 
難しいかということさえ気づかなかった 
もしももう一度だけ若さをくれると言われても 
おそらく私は そっと断るだろう 
若き日のときめきや迷いをもう一度 
繰り返すなんてそれはもう望むものではない 
それが人生の秘密 
それが人生の贈り物
 
季節の花や人の命の短さに 
歳を取るまで少しも気づかなかった 
人は憎み諍いそして傷つけて 
いつか許し愛し合う日が来るのだろう 
そして言葉も要らない友になってゆくのだろう 
迷った分だけ 深く悲しみ 
並んで座って沈む夕日を一緒に眺めてくれる 
友が居れば 他に望むものはない 
それが人生の秘密 
それが人生の贈り物 


季節の花がこれほど美しい事に 
歳を取るまで少しも気づかなかった 
私の人生の花が 散ってしまう頃 
やっと花は私の心に咲いた 
 
並んで座って沈む夕日を一緒に眺めてくれる 
友が居れば 他になにも望むものはない 
他になにも望むものはない 
他になにも望むものはない 
それが人生の秘密 
それが人生の贈り物 

さだまさし