ていねいに

ばにいる人を大切に思う。
そう思える人といっしょにいる。
まいにちの暮らしのなかで
そばにいる人の存在は、おおきい。
身近にいる人、親しい人だと
時間がたつにつれ接し方が雑になる。
言葉づかい。話す内容。
約束したこと。
すこしぐらい雑になっても平気。
いつもそばにいてくれるから
それくらい大丈夫。
そんな安心感が、雑になる原因。
だけど、そばにいる人だからこそ
ていねいに接したい。
その人は、自分にとって
大切な人だから。
まいにち、いっしょにいる人だから
気持ちいい関係でいたい。
たのしくすごしていきたい。
だから、ていねいに接する。
もし、自分にもきちんと接してほしければ、
まずは、自分から。
大事に思う気持ちは、
まいにちのなかで育まれていく。

ー 廣瀬 裕子 ー